ローテーブル
おしゃれでかわいいローテーブル

▼ ローテーブル

ローテーブル1 ローテーブル0
ローテーブル3 ローテーブル2
ローテーブル5 ローテーブル4
ローテーブル7 ローテーブル6
クリック詳細へジャンプ ▲


魅力あふれるローテーブルについて詰め込みで説明いたしております。

0.日本のデザイナーの作品のローテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったロータイプなデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がオリジナルラインを象徴しています。当時のサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。なぜか、どんな低めのインテリアにも合わせられるそのローサイズな存在感と、高い質感に満足できる製品です。

1.厳選した北欧産パイン無垢材を使ったローテーブル。ぬくもりあふれる風合いです。時が経つにつれ深まっていくその味わいは、やさしくそしてあたたかく、憧れのカントリーライフを彩ります。ずっとずっと、大切に使っていきたいローテーブル。だからこそ、安心安全にこだわりました。自然塗料を使用した、安心のF☆☆☆☆。ホルムアルデヒドの心配はありません。ローテーブルの脚は、なんだか愛着がわく太めで丸みをおびたカタチ。味わい深い手彫りがもつ、あたたかなぬくもり。素朴であたたかみのある、古き良き時代のアメリカの家庭。手作り感にあふれた、チェック柄のファブリックや愛らしい小物たち・・・・ぬくもりを大切にする、こころ豊かな暮らし。

2.しっかりと編みこまれたアバカと、涼しげなガラスがリゾート気分を盛り上げます。中央部分は、雑誌を置いたり、お気に入りの小物を置いて飾ったりと、自由なフリースペースのあるローテーブル。ガラス越しに大好きなものを眺める楽しさも味わえるロータイプのテーブルです。また、中央の空間を利用してテーブルとしてだけではなく、ローサイズのテレビ台としても使えます。ソファと組み合わせて、お部屋を手軽に自分専用のリゾートへ。脚裏には、傷付き防止のフェルトが付いています。フローリングにもそのまま置いて頂けます。アバカは東南アジアを原産とするバナナの木の一種で、その表皮にすぐれた強度があることから、ロープの原料として使われるなど、さまざまなプロダクトの材料として用いられてきました。

3.古くからヨーロッパのアンティークローテーブルてや、北欧デザインテーブルなどで使われている、天然木のウォールナットを使用。木そのもののぬくもりが感じられる木目と、使い込むほどにしっとり馴染んでいく木肌が魅力。なんだか愛着がわいてくる、太めでまるっこい「ハの字脚」かわいらしいテーブルのデザインでありながら、丈夫で安定感にも優れています。ちょっとした小物をしまえる、便利な棚を付けました。しっかりしたつくりでありながら、コンパクトで軽量。女性でも、らくらくカンタンに持ち運びが出来ます。くつろぎのロースタイルなナイトシーン・・・。間接照明のもと、ウォールナットは昼間とはまた違う、柔らかな表情を魅せます。一日の疲れを癒す、大人のロータイプ空間でリラックスを・・・。

4.暮らしのかたちに合うリフティングテーブル。「70cmダイニングスタイル」一番高い位置はダイニングテーブルとして丁度いい高さです。サイズも広々ゆっくり会話もはずみます。「40cmソファスタイル」&「50cmソファスタイル」同じソファでも家族によって好みの高さはそれぞれ。使う時に簡単に高さを変えられるローテーブルは、家族みんなのわがままに対応できます。「37cmフロアースタイル」小さなお子様がいるご家庭でも、このローテーブルは大活躍!低くすればフロアーソファや子供用の椅子にも合わせられます。天板はポリウレタン塗装なので、お子様が何かこぼしてもお手入れ簡単。角も丸くロータイプなので歩き回って万が一当たっても痛くない安心仕様です。